トイレットペーハー

トイレットペーハー

トイレットペーパー

公共施設や商業施設になくてはならないのがトイレですよね。付き物がトイレットペーパー。ウォシュレット式も普及して長いことたつけどそれにしても風で乾かす方式は日本気質に合わないと思う。どのトイレの形式でもトイレットペーパーは、やはり付き物ね。私の家は様式トイレは母が使うので昔ながらの四角いよれよれのちりし(ロール式でないもの)和式ではダブルの柔らかいロールタイプ。どちらにしてもふき取り感しっかりあって快適。会社では包み紙も使え、トイレに流せるエコトイレットペーパー。勿論シングルですべすべした紙質、芯なしだから最後は4次元に消える。一流ホテルや旅館は、どうだったか思い出せないほどだから不都合場なかったのだろうと判断。問題なのは家の近くにある日帰り温泉のトイレットペーパー。「こりゃなんだー」何度一行ってもその日1回目は必ず驚く、極普通のテンションで引っ張る。ブチッと切れる。今く行っても5センチ位の先のミシン目でブチッ。1分ほどあっけにとられ時間を盗まれる。ふと我に返り蓋を上げ、トイレットペーパーを回し押し出す事で好みの長さを作って折りたたむ。使用する。この作業の3回ぐらいで任務完了。孫子の兵法読んでて良かった。

ミュゼ なんば店