ローン控除の条件

住宅ローン控除には細々とした条件が設定されており、これらの条件を満たさないローンについては控除を受けることができません。ローンそのものに関する条件もいくつかあるので、ローンを借りる前にしっかり調べておくことです。住宅ローンの控除が目的とするのは、一戸建てやマンションを取得した後の家計の負担軽減にあります。控除を受けられるための条件がいくつかありますが、これは平等になるように考えられたものです。その条件にもいろいろありますが、まず所得が3,000万円以下であることが必要です。年間3,000万円以上の収入がある人は、住宅ローン控除を受けることができません。ローン控除の条件として住宅への入居の時期が、購入してから6ヶ月以内です。また、取得した年の年末まで入居しているかどうかもチェックされます。つまり、その住宅にきちんと住んでいるかを見るわけです。また、住宅ローンの控除を受けるには、対象となるローンの返済期間が10年以上あることが必要です。ローン期間が短い場合には条件に合致しないので、住宅ローン控除による減税の恩恵を受けることはできません。複数の金融機関から別々にローンを組んでいても、条件としては問題ありません。一方で、支払利息が年利1%未満の融資(無利子のものも含む)の場合、ローン控除の条件を満たさないために住宅ローン控除の適用対象外となります。他にも長期優良住宅であることなど、住宅の種類や工事の内容によっても条件が決まっているようです。このように控除には細かい条件がいろいろありますので、住宅ローンを組んでしまってから後悔することのないように、ローン控除の条件は前もって調べておきましょう。